MENU

利用したことを悟られてはならない

スマホやパソコンを利用できるようになり、現在では家族に知られることなくキャッシングを利用することも容易な時代になりました。当然、借りれるようになるまでに細心の注意を払うのですが、それが終わってついつい気が緩んでしまうと、内緒でしていたキャッシングが露わになってしまいます。

 

そうならないために注意すべきこと、特にこれから紹介する三つのパターンはかなりの人がやらかしてしまいそう、またはやらかしてしまったパターンです。

 

通帳が知られてしまう場合

まず、通帳から知られてしまう場合です。もしも一家で一つの通帳を使っているの方がいらっしゃったら、要注意です。キャッシングの方法の中でもネットバンキング、振り込み、口座振替などは通帳に記録が残ってしまう取引です。これらを利用する方々は非常に多いと思われます。なにせ自宅から出る必要もなくあっさりとお金を借りられるのですから、ついつい利用してしまいますよね。しかし、利用していいのは家族にバレてもいいと思っている方だけ。そうでない方はできるだけ避けましょう。

 

では、避けるはいいけれども、いったいどのようなサービスを利用すればよいのでしょうか。それはATMです。ATMならば口座に利用記録が残る心配もありませんし、利用明細票もその場で発行します。大手企業ならばコンビニ、銀行と、意外とたくさんの場所で利用することが可能です。ほんのちょっとの手間で家族にバレる心配を無くせるのですから、かなりオススメです。

 

ローンカードを見られてしまう場合

次にローンカードを見られてしまい、家族に知られてしまうパターンです。これは本当に不注意が原因だとしか言いようがないのですが、例えばカードを机の上に置き、それを見られてしまうパターン。買い物をしている際に、ポイントカードを出そうとして財布を広げたら、見慣れぬローンカードを発見され、それが何か詰問されてしまうパターンと、なかなか意識してはいてもついついやってしまうミスのような場合が多いです。

 

しかし、それだけでも家族にバレてしまえばただのおっちょこちょいでは済まされません。もちろん、対策のしようはあります。例えば、基本的に財布の奥の方にしまっておき、必ずむき出しにしたままにすることが無いように注意することです。これをATMを利用した後などにきちんと注意を払っておくと、それだけでもバレない可能性はグンと向上します。または、利用するのを銀行カードローンにすることもかなりいい手段です。

 

銀行カードローンにはキャッシュカードにローン機能を追加するだけで、借入が可能になるので、家族に見られた所で、何も心配することはありません。少しだけ審査が厳しくはなりますが、自分ならば必ず借りられるだろうと自信を持って言えるのであれば、もっとも安全な策ではありますから、オススメです。

 

期日中に返済できてない場合

最後に最悪なパターンですが、借金を期日中に返済しきれなかった場合です。滞納してしまうと必ず連絡が来ますが、後ろめたいことのせいか、自分の携帯電話にかかって来た電話を取らずにいてしまう方も大勢いらっしゃるようです。
しかし、そんなことをしてしまえばどんどん泥沼にはまって行きます。自宅や職場まで、督促の連絡が来るようになります。大手の会社ならば、キャッシング会社を名乗らずに、所在を聞く程度に留めますし、基本的にはオペレーター個人の名義で連絡が来ます。それでも知らない人から連絡が来れば、多少何かしらの疑いをもたれても当然です。そこから詰問されて白状する、という方もいらっしゃったことでしょう。

 

それでも、まだまだこれらでも程度は軽いです。最悪の場合は、自宅や職場に連絡が来ようとも返済しきれなかったパターンです。ついに督促状が郵送されます。もちろんこちらも直接キャッシング会社を名乗ることはありませんが「〇〇センター」と聞きなれない名称で郵便物が届くので、この時点で家族の方は相当の不信感を募らせていることでしょう。

 

しかも、現在はネットでいろいろ調べることが可能ですので、もしもそのセンターの名前で検索し、内緒でキャッシングしているということが発覚してしまえば、これではもうお冠だけでは済まされませんね。家族崩壊の危機です。ただし、これも本当に簡単な方法で避けることが可能です。

 

もちろん、期日までに返済をする。ということも大事ですが、それでも、どうしても返せないのであれば、最初に電話が掛かってきた段階、もしくは返済できないと判明した段階で、キャッシング会社の方にその旨をお伝えすればいいのです。そうすると「利息だけ」「一部だけでも」と多少返済額を減少してもらえることがあります。もちろん、全額で返してもらいたい、という旨を伝えられる場合もありますが、それでも期限を延ばしてもらえるなど、多少は考慮していただけます。

 

もしかしたら、昔の借金取りのイメージが強くて、自分から連絡するのが恐ろしい、という気持ちが素直に返済できないことを報告することを妨げているのかもしれませんね。ですが、現在の大手企業ならば、そのようなことをすることはまずあり得ませんので、心配ご無用です。きちんと、正直に伝えることが何よりも大切です。

 

むしろ、事務的な丁寧な対応をしてくれたりして、こちらが申し訳なくなる気持ちが高まることでしょう。しかも、会社側からもきちんと連絡を入れてくれたり、正直に話していただける方の方が心証は良くなりますので、返済できないと分かったら迷わずにこちらから、連絡を入れましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日